国産材について

屋久杉(やくすぎ)

圧倒的な存在感 世界が認める長寿木

日本を代表する針葉樹。 屋久島から薩摩半島、霧島山の麓(ふもと)にかけて生育し、特殊な環境が千年を超える樹齢を創り上げる。

千年の樹齢を超えるもののみ屋久杉に認定される。 世界遺産にも認定され、伐採禁止となった今、希少価値と千年が創る細かな年輪が圧倒的存在感を放ち、高く評価される素材。